スペイン旅行 〜学生最高〜 マドリード編

スペイン

こんにちは〜
本日はマドリード2日目を記事にしていきたいと思いますね!(多分三本立て)

その前に!皆さんは、学生ですか??
日本でもお馴染みの「学割」なんですが、これ世界でももちろんある仕組みなんです。
今回は学割をフルに活用して旅行をしましたので、そこもようチェックポイントです。

1.海軍博物館

いきなりですけど、スペント言えば無敵艦隊ですね!!(世界史好き)
無敵艦隊?となる人は⬇️

スペイン語アルマダ・インベンシブレ。スペイン王フェリペ2世 (在位 1556~98) によってつくられた強力な海軍。新興のイギリス勢力に対抗するため,フェリペ2世は,サンタ・クルス侯を提督とし,戦艦 130隻,船員 8000人の艦隊を組織させ,それに陸軍1万 9000人を乗組ませイギリス本土攻撃を企図し,絶対に敗北しないという自信のもとにこれを無敵艦隊と呼んだ。 1588年2月,提督サンタ・クルス侯が死去し,代りに海戦の経験のないメディナシドニア公が司令官に任命され,同年5月 20日リスボンを出航し7月末ドーバー海峡に入った。これを迎撃するイギリス艦隊はわずか 80隻にすぎなかった。しかし,7月から8月にかけて行われた無敵艦隊イギリス海軍との決戦は,機動力に富んだイギリス海軍の大勝利に終り,スペインに帰国した戦艦は半数以下であった。無敵艦隊の大敗北により,制海権はイギリスの手に渡り,スペインの国際貿易,植民地経営は打撃を受け国力の衰退を招くにいたった。

まぁ、無敵艦隊というのはイギリスが皮肉っぽく言ったそうですが、とにかくかっこいい。笑
そんな一時は世界を牛耳ったスペイン海軍の博物館に行ってまいりました。

海軍博物館 マドリード 無敵艦隊
海軍博物館 マドリード 無敵艦隊

なんとここ、入場料無料です。誰でも!!
しかし気をつけてください!!!
エントランスにいるお婆ちゃんに、寄付をしろとはんば強制させられます。これ、回避できるので無視して行っちゃいましょう。

さぁ、本題なのですが、なんと私たちが行った時はアジア展をやっておりました。
私的に悲しかった、、。見たことある日本や中国の海軍の歴史が飾られていました。

無敵艦隊についてはあんまりなかった、、。まぁタダですから。。

詳しい情報はこちらへ

www.tripadvisor.jp

では、明日はプラド博物館について紹介します!

コメント