パリに怯えながら行ってきたよ! クリスマス旅行第一弾 フランス

パリ

早速記事を更新です!

12/20-12/26日まで、パリ・ブリュッセルアムステルダムに旅行をしに行ってました。

その時のことをブログにしていきたいと思います。パリは書くことが多くなりそうなので、1日ずつ投稿していきます。

一国目:パリ

1日目

いや〜、さすがパリですな

私が住んでいるスウェーデンとは流石に比べ物になりませんでした。

人も多い、観光するところも多い、すりも多い、デモも多い、、、(先入観から入国に怯えていた私)

この下に私たちがまわったところを貼っときますね

1日目はパリの市内観光を行いました。

まずは ノートルダム大聖堂
大きな大きな教会でした。私たちが入った時にはちょうどミサ?をしていました。

ノートルダム大聖堂
ノートルダム大聖堂

今まで見た教会の中でもとても大きい部類に入ります。まぁ、悪く言えば中はいつもの教会の大きい版、よく言えば、フランス一の教会。(日本のお寺のように、基本構造はどこの教会も一緒なのです。) この”ノートルダム”ですが、

ノートルダム (Notre-Dame, 英語ではOur Lady) はフランス語で「私達の貴婦人」という意味で、聖母マリアを指している[1]。ノートルダムを冠した教会堂は世界各地のフランス語圏の都市に建てられてきた。

という意味らしいです。世界中にノートルダム大聖堂があるわけですね!

次に、ルーブル美術館 に行ってきました。

な、な、なんと!EU圏に留学している人は入場料が無料なのです!調べてみると他にもヴェルサイユ宮殿凱旋門、かく美術館などが無料で入れます。EU圏に留学している人は是非一度行ってみてください。

ルーブル美術館
ルーブル美術館

事前にサイトで調べていましたが、広いことありゃしません。3時間程度滞在していましたが、早歩きでようやく全ての展示品を見終わることができました。世界史好きにはたまらないお宝がたくさんありました!!。(自分はヴィーナスとサモトラケのニケを勘違いしてました、、)

ひとつ残念だったのは、ダヴィデ像が見当たらなかったことです。調べ見ると現在はイタリアのフィレンツェにいるそうです。
6月にイタリアに行く予定なので、是非お目にかかりたいものです。

18時過ぎにルーブル美術館をでるとあたりはもう暗くなっていました。
日本と比べ、ヨーロッパの日照時間は本当に短いです。うつ病になる人が多いとかそうじゃないとか。

そのまま、コンコルド広場を通り、クリスマスマーケットを見て、シャンゼリゼ通りに行きました。
友達が”おーシャンゼリゼ”という歌を歌ってました。(笑)

本日最後は、凱旋門です。凱旋門と一重にいっても、こちらはかの有名なエトワール大聖堂です。
ナポレオンがアウステルリッツ三帝会戦に勝利したことを記念して建設されたものです。まさか世界史で習ったことをこんな形で用いるなんて、、。

この凱旋門ですが、行き方が難しかったのです。私たちは凱旋門が目の前にあるのに、道路に阻まれてかれこれ20ぷん程度うろちょろしていました。やっと、文明の力を借りて、ググるとこれ、地下から行くそうです!!

はぁー。やっと到着したのですが、ルーブル美術館の時と同様、こちらも無料で登ることができました。
上からの眺めはとても綺麗でした!!(写真はない、、。)

こんなかんだで1日目は終了しました。特に怖い思いもせず、終了することができました!
最後駆け足ですいません、、時間があれば色々継ぎ足していきますね!

よければいいねお願いします🙇‍♂️

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

コメント